妊娠中のリレンザの服用

リレンザの妊娠中の服用はどんな点に注意するべきか

一般的に妊婦がインフルエンザにかかってしまうと非常に辛い状態となってしまうことが多いので、早く治すことが大切であると言われています。特に妊娠初期というのはつわり等もあり、妊娠中を通じて最も辛い時期であると言われています。そうであるにも関わらず、妊娠初期の頃というのは特に薬の使用を控える時期であるとも言われている為、運悪く妊娠初期にインフルエンザにかかってしまったらどうすることも出来ないのかと悩んでいる妊婦達が少なくありません。しかしインフルエンザを治療する為のリレンザという薬については、妊娠中の妊婦が使用しても胎児への影響もほとんどなく、安心して服用出来ると言われています。何故リレンザは妊娠中の妊婦が服用しても大丈夫なのでしょうか。それはこのリレンザというインフルエンザ治療薬は吸入するタイプの薬である為に肺に直接作用するものであり、それゆえ普通の経口のタイプの薬と比べると副作用が非常に少ないことで知られているからです。いくら妊婦といってもインフルエンザになってしまった場合は、飲める薬があるのならばさっさと飲んで治してしまいたいと思うのは当然のことです。なのでリレンザのような妊婦が飲んでも安心な薬を服用して早く治すことが大事です。
ところでこのように妊娠中にリレンザを服用する場合はどんな点に注意して服用するべきなのでしょうか。まず何といってももしリレンザを服用して効きが万が一悪かったとしても、うっかり他の経口の薬を飲んでしまわないように注意する必要があると言えます。あくまでもリレンザは吸入するタイプの薬だから妊婦でも飲めるのであって、その他の経口のタイプの薬の場合は妊婦の場合は原則として飲んではいけないということを忘れてはいけません。