妊娠中のリレンザの服用

リレンザで熱が下がらない場合、解熱剤を使えるのか

インフルエンザの治療薬としてよく知られているリレンザですが、服用したのに熱が下がらないということが多くあります。
これはリレンザの解熱剤としての作用が、タミフルなど他のインフルエンザ治療薬に比べて弱いために起こります。
まず、リレンザというのは世界で初めて開発されたインフルエンザ治療薬で、一般的な錠剤やカプセルではなく、パウダーを吸入器で服用するという特徴があります。
呼吸によって侵入してきたインフルエンザウイルスは、空気の通り道である気道で増殖します。
リレンザはパウダーを吸入することで気道に直接作用し、吸入直後からウイルスの増殖を抑制します。
非常に即効性がある薬ですが、すでに存在しているウイルスを消滅させる薬ではないので、服用したにも関わらず熱が下がらない場合や咳が止まらない場合が出てくるのです。
しかし、外見的な効果が見られないからと市販の解熱剤や鎮痛剤を使用すると、インフルエンザ脳症などを引き起こす場合があり危険です。
そもそも熱を出すことは免疫細胞を活性化し、ウイルスへの攻撃を活発にする働きがあります。
さらに発熱によってウイルスが死ぬため、熱を出すことそのものにも意味があります。
そのときに解熱剤などで下手に熱を下げてしまうと免疫力が低下し、症状が長引いてしまうのです。
では、リレンザを服用しても熱が下がらないときはどうすればいいのでしょうか。
答えは、水分補給をしっかりして安静にするということです。
発熱は人間の身体がウイルスと戦っている証拠なので、無理に下げようすると思わぬ副作用が出てしまいます。
苦しいかもしれませんが、自身の免疫力に任せるのが一番です。
もちろん、あまりに熱が高い場合は危険なので医師の診察を受けましょう。