妊娠中のリレンザの服用

リレンザ、インフルと風邪との違いと治癒報告書の有無

インフルエンザと風邪はなかなか区別しにくいのですが、症状や原因などの特徴や注意点について、しっかり理解しておきましょう。
風邪は、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・せき・のどの痛みなどの局所的症状があり、微熱程度で済むことがほとんどです。いろいろな病原体の感染で起こります。寒さの刺激で鼻やのどの粘膜が反応を起こした結果、炎症が起きた場合には、病原体が取り付きやすくなり風邪を引くこともあります。
インフルエンザは、インフルエンザウイルスの感染で起こり、1~3日間の潜伏期間後、突然の高熱で発症します。風邪との違いは、頭痛、全身のだるさや筋肉関節の痛みなどの全身症状が強いことです。熱は40度前後になり、多くは激しいせきを伴って、あとから鼻水の症状が出ます。
もう一つ注意したいインフルエンザと風邪との違いは、インフルエンザは学校保健安全法に基づいて出席停止になることです。以前は、「解熱後2日が経過するまで」という基準でしたが、それに加えて「発症後5日が経過していること」も条件に入っています。リレンザなど抗インフルエンザ治療薬で熱が下がった場合でも、ウイルスは体内に残っていることがあるからです。
インフルエンザ流行期に風邪との違いがはっきりしない症状が出たら、医療機関を受診して検査を受ける必要があります。リレンザやタミフルなどの治療薬が処方されますが、リレンザは受け取ったその場で吸引することが勧められています。
インフルエンザで学校を休んでも欠席にはなりませんが、通常は治癒報告書を提出することになります。治癒報告書は保護者が記入するもので、診断書などは不要ですが、受診した医療機関名を記載するようになっています。治癒報告書の書式は各市町村や学校によって定められていますので、療養中に入手しておき、再登校するときに記入・捺印して提出しましょう。