妊娠中のリレンザの服用

インフルエンザの新型行動計画に採用されたリレンザ

インフルエンザの新型行動計画により備蓄なども行われているリレンザは、その効果が高い事が知られています。このインフルエンザの新型行動計画では、行政がインフルエンザの代表的な薬剤である数種類を備蓄し、毎年流行する新型の感染症に備えている状態です。
このリレンザは服用する薬剤ではなく、専用の吸入器を用いるタイプのものです。インフルエンザの菌は、空気感染するもので呼吸した際に気道から吸い込まれ体内で増殖するという特徴があります。このリレンザは薬剤を口から吸入して、薬を気道を通すことにより、細菌が増殖する部位に作用するという仕組みです。そのため、薬剤の成分が直接体内で働くことができるので、短時間で細菌の増殖を抑制できるという利点があります。
新型行動計画で採用されていリレンザは、効果的にウイルスの感染拡大を阻止できることから、インフルエンザの蔓延を防止することができるものです。これは分子的な構造に働きかけるもので、細菌の酵素を分解して増殖を阻害するものです。その結果、細菌が体内で活性化されることを防止し、インフルエンザの細菌の活動を抑え、症状を改善させることができるのです。
また、この薬の特徴としては、インフルエンザの予防にも役立つという利点が挙げられます。この薬剤は特定の細菌に対して感染予防に有効であり、細菌への感染を防ぐ効果もあるものです。用います。
治療として用いる事に加え、予防に用いる場合は異なる用量の服用が必要です。
このリレンザを予防の目的で使用する場合は、できるだけ早い段階で服用を始める事が重要で、インフルエンザの流行する前に、流行性のウイルスに対して適切な対応をとることが必要とされます。