妊娠中のリレンザの服用

インフルエンザうつる期間にリレンザの服用と経理処理

インフルエンザは日本では冬に大流行を見せる流行感冒症です。インフルエンザは鳥や豚のウイルスが人間に感染し大流行を見せるウィルス感染症です。人にひとたび感染してしまうと次から次に感染してしまうのが特徴的です。そしてその症状は高熱が最大の特徴と言えます。高熱が出ると全身の関節痛も酷く、下痢やおう吐なども見られるようになります。これはウィルスを体が異物として感知し、排出するようになります。そのためこうした高熱や下痢、嘔吐が見られるようになります。風邪の症状とは異なり、激しい症状と高熱にうなされるため、寝たきりの状態になり生活がままならなくなります。高齢者や子供と言った抵抗力と免疫力の低い人が感染すると、肺炎や脳症といった副作用が見られるようになり、最悪の場合死亡してしまうこともあります。子供の脳炎の場合、脳に後遺症が残り身体障害者の認定を受ける人もいます。こうした最悪の事態に陥らないためには、感染が疑わしい場合完全にうつる期間にリレンザを即座に吸入することが大事です。インフルエンザにはうつる期間というものが存在します。そのうつる期間とは潜伏期間と呼ばれ、ウィルスが体内に入り込んでいるものの症状がまだ現れない期間をさします。この潜伏期間にリレンザを吸入することで、高熱や関節痛などの激しい症状に見舞われずに済みます。リレンザとはインフルエンザの専門治療薬です。そのため経理処理上非常に高額な処方箋料を請求されるように思われがちです。しかし経理処理でインフルエンザの治療薬は非課税で計算されるのでそれほど高額な費用になりません。経理処理上、健康保険を適応するために3割負担前後でリレンザやタミフルを処方してもらうことができます。