妊娠中のリレンザの服用

そもそもリレンザはどんな薬か?

リレンザはインフルエンザの治療薬として用いられるお薬です。
そもそもリレンザはインフルエンザの治療薬としてよく知られているタミフルへの耐性が強いタイプのインフルエンザが世界流行した際に、タミフルのピンチヒッターとして新型用のワクチンが流通するまで、ウイルス治療薬の役割を果たしたり、タミフルの危険性が出た際にもタミフルの代わりとして使われたお薬で、タミフルと同じようにインフルエンザA型、B型の両方に効果がありますが、タミフルよりもインフルエンザB型への抵抗力が高いということでも注目されています。
リレンザは吸入器を使って吸い込んで服用するお薬で1日に2回、5日間服用する必要があります。
リレンザもタミフルと同じように発症後48時間以内に投与を開始することでその効果を発揮します。
リレンザは吸入器から吸い込んで、喉と肺を通じた呼吸器官から治療していくというもので、インフルエンザは肺や喉にウイルスが付着しているためにそれを排出しようと咳がひどく出る症状が見られますが、そのウイルスがリレンザを吸引することによって徐々に減少し咳などの症状を和らげ、高熱や倦怠感のような体全体に出る症状も薄れさせていきます。
口からのみ吸引しますが、粘膜がつながっている鼻の症状にも効果があります。
リレンザは吸引して使う薬なので、水なしでも服用することができるため便利な薬でもあります。
しかし、吸引型という特殊な服用方法で、容器を口から吸い込んで使うため初めて使用する人には結構難しく、特に自分でうまく吸い込むことができない小児などにはあまり処方されることがありません。
また副作用として、少し呼吸が苦しくなってしまう人もいるため喘息や呼吸器官に障害を持つ人などにも処方しないようになっています。

インフルエンザ 薬ならこのサイトがオススメ